ふたの裏に水滴がつきますが?

処理槽内は生ごみの水分やヒーターの熱によって暖かく多湿となるため、ふたの裏に結露が発生し水滴がつく場合がありますが、異常ではありません。
結露に伴って、基材の水分が増えてべたべたするようになり、生ごみの投入を2~3日中止しても乾燥しないときは、排気が十分にできていない可能性があります。排気フィルターや排気ホースに詰まりがないかご確認ください。