02.使い方について

バイオクリーンは、生ごみの処理が終了すると、自動的に節電モードに切り替わります。
夜間や休日など、長時間生ごみを投入しないときでも、基材内の微生物を保護するため、電源を入れたままにしておいてください。

◆生ごみを入れすぎない … 1日の最大処理量を超える生ごみを投入すると、装置に過大な負荷を与え、分解能力の低下や故障の原因となることがあります。1日に投入する生ごみは、必ずその機種の1日の最大処理量以内にしてください。

◆投入方法のポイント … 過剰な水分は、悪臭の発生や、分解能力低下の原因となることがあります。生ごみを投入する前に、必ずよく水を切ってください。みそ汁やスープなど汁が多いものは、汁をよく切ってから投入してください。

◆分割して投入する … 朝、昼、夕方等、分割して投入すると、分解が早く進みます。

処理できるものは食べ残しや調理くずで、人間が食べられるものです。
金属類やプラスチック、布類、陶磁器や石などは処理できません。

投入した生ごみの約85%は水蒸気や炭酸ガスに分解され、残りの約15%は基材と混ざり合い、良質な堆肥(コンポスト)になります。

Load More